HUMAN RESOURCES求める人材像

日清丸紅飼料の求める 4つのポイント

‘‘もっとよくする’’という 想いを行動に変える人材

入社してしばらくは上司や先輩から与えられる仕事がほとんどだと思います。与えられた事を遂行する上で、なぜそうするのか自分なりの言葉で咀嚼し、「上司が期待する以上の仕上がりにしてやろう」という意地にも似た思いで仕事するチャレンジ精神旺盛な方を求めています。

問題解決と業務改善に 積極的に取り組む人材

問題の原因を究明して再発防止策を考え、新しい方法を周知徹底し、最終的にリスクが取り除けたことを確認する。この一連の作業を責任をもって遂行できる人材を求めています。当社のある工場では業務改善提案制度を設けたところ1年で200件以上もの提案がありました。積極的に意見を出し合える雰囲気が、安全な飼料づくりを支えています。 入社して一通りの仕事を覚えたらそれでおしまいではありません。既成概念にとらわれず、自由な発想でより効率的な方法、より顧客が喜ぶ提案を模索し、自ら行動を起こす方を求めています。

やり遂げる人材

仕事をしていると時には大きな困難に直面することがあります。何度話し合いを重ねてもいい着地点が見つからない、ゴールが見えない…投げ出したくなっても、あきらめないことが肝要です。努力を止めてしまったら絶対に解決はできません。なんとかしたい、という熱い気持ちで周囲を動かす力を持った方を求めています。

コミュニケーションを 大切にする人材

仕事は一人でするものではありません。個人のスキルも大切ですが社内、社外の方々と連携して動くことでより大きな仕事ができます。報告や連絡、相談をきちんとする、特に良くない報告ほど早くするのは社会人の基本です。そうしたコミュニケーションの基礎を踏まえた上で、人生の多くの時間を費やす仕事だからこそ楽しく、そして真剣に仕事をしたいという方を求めています。

採用TOPへ